既存住宅状況調査技術者

  • HOME »
  • 既存住宅状況調査技術者

一般の方向け

既存住宅状況調査技術者とは

平成30年4月から中古住宅(既存住宅)の売買に既存住宅状況調査技術者による住宅の状況(構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分)に係る調査が活用されます。既存住宅状況調査技術者は、国土交通大臣の登録を受けた既存住宅状況調査技術者講習の修了証明書を有する建築士です。

既存住宅状況調査技術者の役割

既存住宅状況調査技術者は、中古住宅の売買時に、売主又は買主の委託を受け、住宅の基礎、壁、床などの構造上重要な部分、屋根、外壁、窓などの雨水の侵入を防止する部分の調査を行います。

調査の結果は、宅地建物取引業者による重要事項説明時の買主への説明に使われ、契約締結時には書面として交付されます。

既存住宅状況調査技術者を探す

既存住宅状況調査技術者は、(公社)日本建築士会連合会のホームページから検索できます。

既存住宅状況調査技術者の検索はこちら

 

建築士向け

既存住宅状況調査技術者講習のご案内

宅地建物取引業法が一部改正され、平成30年4月から既存住宅の売買時に「既存住宅状況調査」の説明が義務付けられています。

調査の実施は、国土交通省に登録された講習機関が実施する既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士のみに認められている新たな建築士業務です。山口県建築士会では、平成29年度から毎年度講習を開催していますので、ぜひ本講習を受講いただき、新たな建築士業務の資格を取得してください。

お申し込み窓口は(公社)日本建築士会連合会HP

平成31年度の山口県における講習会の日程は以下のとおりです。

種別 開催日時 会場 定員 CPD
移行 令和元年5月31日(金)
12:50~17:30(受付12:20~)
山口県建築士会館
会議室
30名 3単位
新規 令和元年6月11日(火)
9:30~17:10(受付9:00~)
山口県建築士会館
会議室
30名 5単位

既存住宅状況調査技術者講習を受講された方へ

修了考査の合否検索について

(公社)日本建築士会連合会HPで既存住宅状況調査技術者講習にて合否検索ができます。

合否検索はこちら

合格者には、(公社)日本建築士会連合会から既存住宅状況調査技術者講習修了証明書、資格者証を後日発送させて頂きます。

 

修了者のマイページについて

講習修了者の皆様のマイページを(公社)日本建築士会連合会HPに設置しています。

マイページにログインするには、氏名、修了証明書番号、生年月日が必要です。

ログインはこちら

マイページでは、状況調査で使用するチェックシートや修了証再発行、登録事項の変更、講習会テキストダウンロード等が可能ですので、ご利用ください。

既存住宅状況調査技術者用の契約書について

四会研究会では、建築士である既存住宅状況調査技術者が既存住宅状況調査を行う際に使用できる契約書のひな形を作成しました。この契約書は、約款等を含んでおり、扱いやすいようA3用紙1枚(A4で4ページ分)に収まるサイズにしました。無償でダウンロードし、使用することができます。

ダウンロードはこちら

 

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 山口県建築士会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.