歴史的建造物に対する文化的価値を積極的に見出し、保存・活用にむけて提案すると共に、修復などの専門的な知識や技術を待つ人材「ヘリテージマネージャー」を養成するための講座を開催します。

全10回60時間のほぼ半年にわたる長丁場の講習とはなりますが、県内外の著名な講師による講義の他、県内各地の文化財建造物視察や改修事例研究、各自の演習課題取組、現地実測調査体験など、大変充実した内容の講座となっています。

全国ではすでに4,500名を超える登録があり、また山口県建築士会においては、35名のヘリテージマネージャーが誕生したところです。今年度も、下記のとおり養成講座を実施いたしますので、熱意ある建築士の方々の多数の受講をお待ちしています!

詳しくは以下をご覧ください。
山口県ヘリテージマネージャー養成講座募集ちらし(pdf版)
山口県ヘリテージマネージャー養成講座募集ちらし(word版)